2018年7月31日火曜日

(6564)ミダックの名証IR2018ブースへ行ってきました

(6564)ミダックの名証IR EXPO2018ブースへ行ってきました。

Yahoo!ファイナンスへのリンク
会社HPへのリンク

業績などの情報です。
分析日18/07/20
市場名証2部
株価1840
時価61.1億円
PER16.1倍
PBR2.82倍
ROE17.5%
ROA4.7%
配当12円
利回り0.63%
優待×

業態:東海地盤の産業廃棄物の処理・管理業者。自社施設での焼却・脱水等中間処理から最終処分まで


静岡市浜松市本社の産廃~一般ゴミの処理までを行っている処理業者です。
最終処分場を持っていて一貫処理が可能なのが特徴的です。


【場所】
日時:2018年07月20日(金)
場所: 「吹上ホール」愛知県名古屋市

名古屋証券主催で毎年開催されている名証IRの2018年版。
ミダックのブースでは、ラフな感じで社長も参加している中、
若い社員が生き生きとして説明してくれました。

以下、説明してもらった事及び、筆者のいもらうが都度ヒアリングした事も加筆して説明していきます。
※ 意訳した部分もあり、微妙にニュアンスを間違って受け取ってしまったのもあるかもしれませんのでご了承下さい。

【成り立ち】
・1952年4月設立
・1996年 ミダックへ商号変更
 水と大地と空気を未来につなぐという意味を込めて各頭文字から付けられています
・2017年12月 名証2部上場




【事業内容】
1.廃棄物処分事業
2.収集運搬事業
3.仲介管理事業

1.廃棄物処分事業 売上:3,571百万(79%)  利益:1,109百万(83%)
自社施設による廃棄物処理サービス~最終処分場までを行うサービスです。
いわゆる「産廃」がメインであり、薬品などを水処理・大きなものを破砕して細かくする・ゴミを焼却するなどを行い、処分場へ埋め立てます。
化学薬品などの特殊処理も行っておりこれは専門性も高い為、利益率も高めになっています。

また、埋め立て処分場を持っているので、顧客から見て利便性が高いものとなっています。
この利便性ですが、産廃処理は厳しい法律があり、排出業者には最終処分までの責任が伴います。
2016年にCoCo壱番屋の廃棄カツを産廃業者が横流しして社会問題になったのは思い出せるのではないでしょうか。
ただ業者に出して終了という訳ではなく、最終的に処分されるまでが廃棄なのです。
その点、最終処分場である埋め立て地を持っているミダック社は一社で最終処分まで完結できるので、顧客から見ても都合の良い業者になるのです。

ちなみにこの埋め立て地ですが、そのまま埋め立てられる「安定型」と、汚水などが流れ出る可能性があるものを埋め立てる(ので土壌処理など色々必要な)「管理型」があり、ミダック社はどちらも持っています。

2.収集運搬事業 売上:692(15%) 利益:125(9%)
産廃排出業者から回収する事業です。
その為に様々な車両を完備しています。
これに付随して、産廃置き場などの清掃業務も受注しています。

3.仲介管理事業 売上:276(6%) 利益:98(7%)
産廃排出業者とミダック社以外の処理業者との仲介を行います。
ミダック社では扱えない特殊なものや、商圏外(現在は東海~関東が商圏)からの排出業者を他社へ仲介します。


【業界環境】
産廃業界の推定市場規模は約5.3兆円。
この規模は、印刷業・飲料業界と同規模と、非常に巨大なものです。
しかし売上高10億円以上は9%、従業員数100人以上は2%と、零細企業がほとんどです。
ミダック社の売上高42億円から見ると、拡大余地しかない状況です。

また、産廃の排出量は近年横這いの約400百万トンであり、最終処分場の残余量は年々減っているので、処分場を持つミダック社の強みとなっています。

上場企業比較では、売上高規模では(9793)ダイセキを筆頭としてタケエイ、エンビプロなどが続き、ミダック社は小粒なグループに入ります。
しかしROEでは他社の追随を許さないほどの高効率となっています。


【成長戦略】
・最終処分場
最終処分場の残余量減少とともに、価値は上がっていきます。
そこで既に最終処分場を持っているミダック社の価値も向上していきます。
それとともに、浜松市に新たに管理型最終処分場を新設します。
(設置許可申請済みで、竣工は2022年4月以降)
312万㎡の広さで埋め立て予定期間は30年と非常に長く、収益に大きく貢献していくものと考えられます。

・未展開地域への進出
産廃が出やすい工業地帯という事で、今後は太平洋ベルト近辺を中心に展開予定との事です。

・M&A
近年では三晃、ミダックはまなという2社のM&A実績があり、今後も進めていく可能性有り。
最終処分場は貴重なので案件が無いのでは?と聞いたのですが、処分場しか持っていない(中間処理ができない)という会社もあり、そうなると営業力もそこまで無いので意外に利益が出ないので、そういう案件もあるそうです。
矢板橋社長のインタビューによると、「将来的には北関東などの同業を買収し、現地に自前の処分場や中間処理施設を設けたい」との事なので可能性は十分でしょう。
ただし今はミダックはまな買収の借入金返済フェーズのようで、積極的な買収は目先はなさそうな印象がありました。


【足元の業績】

2018/3期決算
売上:4,244百万(+10.7%)
営利:883百万(+49.5%)
経利:839百万(+42.2%)
純利:492百万(+71.5%)

上場費用をこなして、凄まじい業績の伸びとなっています。
大きな要因としては大口のスポット案件があったとの事です。

しかしその反動か、2019/3期決算予想が厳しいものとなっています。

2019/3期決算予想
売上:4,208百万(-0.8%)
営利:827百万(-6.4%)
経利:783百万(-6.8%)
純利:372百万(-24.4%)

正直、上場2年目でこの決算を出されると厳しいものがあります。
話を聞いた限りではスポット案件を見込まない数値なので、下は固く上ブレもありそうな雰囲気ではありましたが。
なお今期これまでは、入札案件が多いので失注もあるものの、受注もあるので計画線のようです。


【ポジティブ&ネガティブ】
・ポジティブ
1.浜松市の最終処分場新設
最終処分場は捨てるだけ(というと少々語弊がありますが)なので、完成してしまえば凄まじく利益率が高くなります。
従って、竣工予定の2022年以降は業績が一変する可能性があります。
投資総額が70億円を予定しているので、もちろんそれ以上の利益が見込まれている訳です。

2.家庭ゴミも焼却している
富士宮事業所では富士宮市から家庭ゴミの焼却を受注しており、ほぼフル稼働。
景気が悪化して産廃が減少しても家庭ゴミはあまり減らないので、業績の安定に寄与します。
また、官公庁からの受注実績があるのは今後の受注においても有利に働きます。

3.中国産廃輸入停止
上記について尋ねてみた所、現在は特に影響はないとの事でした。
しかし、いもらう独自予想では今後社会問題化してきた時に追い風となるのでは?と考えています。
中小産廃業者では金属系産廃の分別は人海戦術に頼っている部分も多く、今まではそのまま中国に輸出していました。
それが禁止となり、今は他国への輸出もできて利益を出せていますが、そのうち分別不足で純度が低下したりして採算割れする可能性もあります。
そうなった時に、処理を請け負う & 埋め立てるという選択肢が上がり、ミダック社が選ばれる事もありうるかと。

・ネガティブ
個人ブログの特権?で、ネガティブ意見も書きます。
ホルダーさん怒らないでね(ちなみに私もホルダーですのでw)

・配当性向低い
ミダックはまな買収にともなう借入金返済を優先してか、12円の安定配当となっています。
配当性向で見ると一桁、利回りでも1%未満と非常に厳しい水準であり、配当が投資目的にはまったくなりません。
ただでさえ減益予想で見栄え悪いのに、1円ずつでも良いので増配傾向にする or もしくはM&Aなど成長に積極的な印象を与えないと、投資家は短期はともかく長期投資してくれませんよと熱弁してしまいましたw

・M&A展開は遅い?
上記にも書きましたが、借入金返済を優先しているふしがあります。
(自己資本比率も意識していそうです。)
仮にそうだとすると、年5億円ペースで返済しており借入金残が27億円なので、小型はともかくとして5年後まで大型M&Aはないかもしれません。
勝手な予想ではありますが、先行投資が嵩む浜松の最終処分場の竣工も同時期なので、あながち間違っていないのかも、、、


【まとめ】
収集~最終処分場まで一貫処理が可能!という他社への優位性もある企業であり、将来性もある有望な企業です。

スポット的には、近年増えてきた自然災害による特需(過去に実績有り)の可能性も無きにしもあらず。
ただ東日本大震災でも意外にも?80%が再生利用されたそうで、埋め立てしたのは6%程度のようです。

スポット案件を除いてしまうと、目先での大きな業績変化の可能性は低いので、地味に伸びていくのを取る中期保有向きの固い銘柄ではないでしょうか。
特に高い利益率が見込まれる新処分場が稼働する5年後には要注目です!
現在は名証2部という事で、東証への上場も将来的には考えているようです。

※ 当記事は独自判断も混ざったものとなり、投資は自己責任でお願い致します。

2017年10月1日日曜日

(3143)オーウイルの会社説明会へ行ってきました

(3143)オーウイルの個人投資家向け会社説明会へ行ってきました。

Yahoo!ファイナンスへのリンク
会社HPへのリンク

業績などの情報です。
分析日17/09/28
市場東証1部
株価1019
時価430億円
PER15.8倍
PBR1.48倍
ROE12.8%
ROA2.3%
配当30円
利回り2.94%
優待×

業態:食品副原料専門商社。ビタミンC、マンゴー加工品でシェアトップ。子会社でアイス製造・販売


商社なので馴染みのない会社だと思いますが、食品飲料向けの原材料卸売りをしている会社です。
知らず知らずのうちに口にしているかもしれません。
特にマンゴー関連食品が好きな人は、この分野トップシェアなので口にしているでしょう。
この会社のユニークな点として、このマンゴーも該当するのですがニッチな分野でのトップを目指している所です。
あとは特定の得意分野での勝負と、商売の王道も進んでいます。


【会社説明会詳細】

日時:2017年09月28日(木)
場所: 「電気文化会館」愛知県名古屋市
出席数:300名程度

野村証券主催のセミナーです。
代表取締役会長 兼 社長の小口 英噐氏によって進行しました。

 太字では無い部分は私の所感です。


事業&戦略

【バランスの取れた事業】
・食品副原料(32%)
・乳製品(24%)
・農産物及び同加工品(16%)
・飲料製品(12%)
・その他(16%)

大きく分けて4つのカテゴリをバランス良く売り上げています。
一つの市況に左右されていない点が良いです。
8割が大手向けで、サントリーや伊藤園など、他の有名飲料メーカーほぼ全てと取引があるようです。
PB飲料では無印良品に出しているとの事でした。

【ワンストップサービス、シェアNo.1戦略】
飲料では必要な原料・資材をほぼ全て取り扱う。
特定分野・ニッチ分野でシェアNo.1を維持し、ここから横展開を図る

ワンストップサービスで安定供給が可能となり、その点も認められて大手企業への納入も行っているのでしょう。
無理な背伸びせず、ニッチな分野で固く利益を確保しながらジワジワ拡大というのは「持続可能な企業」として良いと思います。
投資家目線としては成長率が高い方が好きな方が多いでしょうが、ここは堅実成長&高い配当性向(40%以上!)でもあるので、こちらのが好きな長期投資家も多そうです。

2
2018年3月期第1四半期業績

売上:7,627万円(+6.3%)
営業:172百万円(+41.5%)
経常:170百万円(+33.4%)
純益:127百万円(+51.1%)

増収大幅増益の目を見張る素晴らしい業績となっています。
売上の伸びは乳・乳製品が大きく、利益の伸びは出張費用の見直しや人件費のやりくりがうまくいったとの事です。

中間決算予想に比べての進捗率も良く、社長も自信がある様子で話をしていました。

2 
今後の展開

【子会社の事業展開】

・大手とも連携検討中

いくつか子会社があるのですが、特にアイス製造販売の「サンオーネスト」が面白そうでした。
業務用アイスのPB製造は増加しており、直販も静岡からジワジワと知名度向上中との事。
ヨックモックのシガールアイスを受注したりと要注目です。
あとは商社ゆえの繋がりを生かしてなのでしょうが、何故か米国で業務用赤外線ヒーターを売ってたりします。
しかもしっかり黒字です。


【質疑応答】

重要度の低そうなものは一部割愛しています。

Q.東証一部は目指しているのか?
A.まずは足場を固めてからで、いつかは目指したい。

JASDAQから東証2部に変更した以上は1部を目指しているのでしょう。
しかし数字的に基準を満たしていないので、足場を固めてからという表現になったのかもしれません。

Q.大株主のグリーンコア(9.5%)は何者?
A.(取引先の)伊藤園の持株会社
 
グリーンコアを調べてみた所、伊藤園の筆頭株主でもあり、伊藤園会長及び社長の本庄一族が経営する不動産会社のようです。

Q.配当性向が高いが気前良すぎないか?
A.株主ありきの会社ですので^^
 
少し前は高配当でかならず引っかかるぐらい気前の良い会社です。
しかし、商社とはいえ営業CFマイナスが続いている年もあったので、少々不安に感じてしまう個人的感想。

Q.世の中食品偽装が増えているが、品質管理の取り組みはあるのか?A.商社は品管部門を持たない事が多いが、当社は専門部門を作った。

食品偽造なんてしたら一発でアウトの世の中ですので、利益を上げるのも重要ですがやはり基本はきっちりと守ってもらいたいですね。

Q.子会社のアイスクリームの今後の展開は?
A.自社ブランドの「和の輝き」が好調で、デパートからの引き合いもきているが生産能力が厳しい。

地元静岡では賞も受賞しているとても美味しいアイスクリームのようです。
会長からのリップサービスで、直接会社に問い合わせしてくれればネット販売価格よりも安く売りますよー(笑)との事でした
実際に販売している所を見ると、、、

楽天販売先へのリンク
Amazon販売先へのリンク

冷凍送料が含まれてるとはいえ高級アイスですね!
  
Q.今後の海外展開は?
A.米国・アジアに続いて、ドイツの医薬品メーカーと連携して日本の物を輸出している

Q.(乳製品の)ホクレンの影響が大きいと思うがなんとかできるのか?
A.よくご存じで(笑) 少しは手を打っているもののやはり厳しい。

やはり農協はまだまだ強いですね。

こういった説明会ではくだらない質問が出る事も多いのですが、今回はかなりしっかりした質問が多かったです。


【総括】
社長の創業者たるカリスマ性と巧みな話術が光る、好印象が残る説明会でした。
事業内容も地味ではありますが、それ故に堅実であり、新規事業への取り組みも着実に行っているので投資先としては十分に有りかと感じました。

株価は直近では好業績もあって高値更新しており、今後の上方修正を見込んでの強含みでいきそうな雰囲気です。

2017年6月28日水曜日